甲冑
Menu
INFORMATION
営業内容・販売品目
甲冑の基礎知識
各部分名称
用語集
コラム
お問い合わせ
リンク
counter
RapidSSL

用語集

■甲冑用語集WEB版 あ行

このサイトで掲載の用語は「甲冑用語集WEB版」でほぼ確認できます。誤字誤植の訂正は随時行っています。

※明らかな誤りや誤植を発見された方はお手数ですが、お問い合わせページからその旨お送りいただければ幸いです。ただ、お返事などは出来ないと思いますのでお許しください。
※How To Read についは、参考程度としてください。表記に問題があるため全面改定を準備しています。


| あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行 | ダウンロード |


No. 漢字 ふりがな How To Read 説明
10001 藍韋 あいかわ aikawa 藍で漬染めもしくは引染めした紺色の韋。威毛、化粧板、室町末期以降の小縁等に用いられる。
10002 藍韋威 あいかわおどし aikawaodoshi 総体に藍韋で威した威毛。代表的遺物として愛媛県大山祇神社蔵(重文)「藍韋威胴丸」、同蔵(重文)「藍韋威腹巻」等がある。また特に濃い紺色の威毛を「黒韋威」という。
10003 葵座 あおいざ aoiza 「葵葉座」ともいう。八幡座に用いる座金の一種。南北朝期以前の星兜と江戸復古調期の兜にみられ、縁が葵の葉に似ていることから名付けられた。代表的遺物として東京都御岳神社蔵(国宝)「赤糸威大鎧」、青森県櫛引八幡宮蔵(国宝)「白糸妻取大鎧」等に付く兜の八幡座にみられる。「八幡座」を参照。
10004 赤糸 あかいと akaito 茜や蘇芳等の染料に漬けて赤く染めた糸で組まれた組紐。
10005 赤糸威 あかいとおどし akaitoodoshi 『源平盛衰記』、『承久記』、『太平記』等に広く散見され、総体に赤糸で威した威毛。代表的遺物として東京都御岳神社蔵(国宝)「赤糸威大鎧」、奈良県春日大社蔵(国宝)「赤糸威竹雀金物大鎧」等がある。
10006 赤威 あかおどし akaodoshi 『長門本平家物語』、『源平盛衰記』、『吾妻鏡』等に広く散見され、「赤糸威」、「赤韋威」、「赤綾威」等の総称。
10007 赤韋 あかがわ akagawa 赤い染料で漬染もしくは引染した韋。威毛や平安、鎌倉期の小縁に用いられている。
10008 総角 あげまき agemaki 中央を石畳に組み蜻蛉(トンボ)十文字に結んだ紐。兜の後勝鐶や大鎧の逆板、胴丸(一部の当世具足)の後立挙、腹巻の背板に打たれた鐶に下げる。
10009 総角鐶 あげまきかん agemakikan 総角を下げるために大鎧の逆板、胴丸(一部の当世具足)の後立挙、腹巻の背板の立挙に付けられた鐶。
10010 阿古陀形筋兜 あこだなりすじかぶと akodanarisuzikabuto 室町中期から安土桃山期にかけて流行した筋兜の一種。総体に膨らみがあり、形状が阿古陀瓜に似ているところから名付けられた。代表的遺物として茨城県水戸八幡宮蔵(県文)「黒韋威肩浅葱筋兜」、山口県源久寺蔵「紅糸威筋兜」等がある。
10011 浅葱綾 あさぎあや asagiaya 藍に漬けて浅葱色(水色)に染めた絹糸で織られた綾布。
10012 浅葱綾威 あさぎあやおどし asagiayaodoshi 総体に浅葱綾で威した威毛。代表的遺物として広島県厳島神社蔵(国宝)「浅葱綾威大鎧」がある。「綾威」を参照。
10013 浅葱糸 あさぎいと asagiito 藍に漬けて浅葱色(水色)に染めた糸で組まれた組紐。
10014 浅葱糸威 あさぎいとおどし asagiitoodoshi 『保元物語』、『平家物語』、『相国寺供養記』等に散見され、総体に浅葱色(水色)に染めた糸で威した威毛。代表的遺物として大分県柞原八幡宮蔵(重文)「金白檀塗浅葱糸威腹巻」がある。
10015 あや aya 平織、繻子と並ぶ基本的な織物の一種。古くは「唐綾」とも称し、織り目が斜めにみえるように織り込んだ絹織物。
10016 綾威 あやおどし ayaodoshi 麻布の芯を綾布で包み、これをもって威した威毛。代表的遺物として愛媛県大山祇神社蔵(国宝)「紫綾威大鎧」、広島県厳島神社蔵(国宝)「浅葱綾威大鎧」等がある。
10017 霰文 あられもん araremon 襷文の模様の間に微小に散らした粒状の模様。
10018 合鉢 あわせばち awasebachi 梯形の鉄板を矧ぎ合わせて作られた兜鉢。星兜、筋兜、突ぱい形兜等の類をいう。
10019 家地 いえじ iezi 甲冑に用いる布帛類。通常は「表家」、「中込」、「裏家」の三層構造で作られている。足軽が用いる籠手や臑当は中込を用いない二層構造のものが多い。各々を参照。
10020 板物 いたもの itamono 小札物に対して鉄、革などの一枚の延板で作られた小札板。「板札」ともいう。
10021 一枚張 いちまいばり ichimaibari 一枚の鉄板または革を半球形に打ち出して作られた兜鉢。
10022 一枚張筋伏 いちまいばりすじぶせ ichimaibarisuzibuse 平安、鎌倉期の兜鉢の形式の一種。一枚張の兜鉢に数枚の鉄板を伏せて星鋲でかしめ留めた兜鉢。代表的遺物として広島県厳島神社蔵(国宝)「小桜韋威大鎧」、京都府高津古文化会館蔵(重文)「甲冑金具」等の兜鉢がある。
10023 いと ito 糸威に用いる組紐。絹糸を用いることが主流であるが、木綿をはじめ他の繊維を用いることもある。室町期以前は工台を用いず、クテ打と称する組み方で組まれた。江戸期には工台を使って組まれた「常組」とか「一枚高麗」と呼ばれる紐が用いられるようになる。
10024 糸威 いとおどし itodoshi 組紐を用いる威毛。
10025 射向 いむけ imuke 武家用語の一つで左をいう。射戦(弓矢を主に用いる戦闘)において矢を射る向きという意味。
10026 射向の草摺 いむけのくさずり imukenokusazuri 大鎧の左側の草摺。
10027 射向の袖 いむけのそで imukenosode 左側の袖。
10028 色々威 いろいろおどし iroiroodoshi 室町後期以降に流行した威毛の一種。三色以上の色目を不特定に用いる威毛。代表的遺物として鹿児島県鹿児島神宮蔵(重文)「色々威胴丸」、山口県毛利博物館蔵(重文)「色々威腹巻」等がある。
10029 受緒 うけお ukeo 「袖付の前緒」ともいう。大袖、広袖、壷袖等の冠板の裏から取る一番前の緒。綿噛から取る一番前の茱萸(ぐみ)に縛り付ける緒。
10030 薄紫威 うすむらさきおどし usumurasakiodoshi 『相国寺供養記』、『中古治乱記』等に散見され、薄い紫色の威毛と想像される。
10031 畦目 うなめ uname 横一線上に刺縫していく手法。裾板の菱縫の上にみられる。
10032 裏菊座 うらぎくざ uragikuza 八幡座に用いる座金の一種。菊座の花弁の中央に窪みを入れた座金。
10033 大鍬形 おおくわがた ookuwagata 南北朝期に流行した幅の広い鍬形。『祭礼草紙』に散見され、代表的遺物として奈良県春日大社蔵(国宝)「赤糸威竹雀金物大鎧」、青森県櫛引八幡宮蔵「赤糸威菊金物大鎧」の付く兜の鍬形がある。
10034 大鍬形台 おおくわがただい ookuwagatadai 南北朝期以降に流行した幅が広くて特に大きな鍬形台。『十二類合戦絵詞』、『祭礼草子』等に散見されるような大型の三日月状の立物を立てたといわれ、代表的遺物として岡山県林原美術館蔵(重文)「縹糸威胴丸」の兜にみられる。
10035 大吹返 おおふきかえし oohukikaeshi 平安、鎌倉期の杉形ジコロにみられる大きな吹返。
10036 大鎧 おおよろい ooyoroi 中世甲冑を代表する形式の一種。平安中期頃に騎射戦に対応して発生したといわれている。胴の前面を弦走韋で包み、胸には栴檀板、鳩尾板を下げる。草摺は前後左右四間とし、この内の右側一間が分割し脇楯と称する小具足をなすのが特徴。古くは「鎧」と称したが、後に発生した胴丸、腹巻、当世具足等に比べて大きくみえるところから「大鎧」と称されるようになった。
10037 押付 おしつけ oshitsuke 大鎧の背面の最上部にあたる革で作られ、綿噛と一続きになっている部分。
10038 押付板 おしつけいた oshitsukeita 金具廻りの一種で、胴丸、腹巻、当世具足の胴の背面にある最上部の綿噛を取るための金具。
10039 おどし odoshi 「緒通し」の意味から生じた語といわれている。「威す」を参照。
10040 威糸 おどしいと odoshiito 威に用いる組紐。
10041 威韋 おどしがわ odoshigawa 威に用いる韋紐。
10042 威毛 おどしげ odoshige 威し立てた様。緒が居並ぶ様子が、鳥の羽毛に似ているところからいわれるようになった。
10043 尾長大鍬形 おながおおくわがた onagaookuwagata 八双(二股)の先端を外側に細く長く延ばした大鍬形。代表的遺物として高知県幡八幡宮、群馬県貫前神社等の蔵品がある。
10044 澤潟威 おもだかおどし omodakaodoshi 『保元物語』、『平治物語』、『源平盛衰記』等の文献に散見され、古画として『平治物語絵詞』、『蒙古襲来絵詞』、『春日権現霊験記絵巻』等に散見される。水草の澤潟になぞらえて三角形状に色目を替えた威毛。代表的遺物として青森県櫛引八幡宮蔵(国宝)「白糸妻取大鎧」の兜の威毛がある。
COPYRIGHT ©2000-2008 KATCHU /ICHIRO MIURA/ ALL RIGHTS RESERVED.
Since March 28, 2000
Last modified: 2012-11-26
戻る